Yoshidayo diary

I choose the form of Oculus Go with Unity

14: アウトプットとオリジナリティ

最近はというと、ブログに投稿する記事の質について考えていました。
アウトプットが大事だということは、はっきりと理解しているのですが、アウトプットすることだけにこだわりすぎて、調べればすぐに他のブログで見つかるようなものを吐き出していくことに果たして意味があるのかどうかということについて悩んでいました。

僕の投稿には、オリジナリティが胡椒ほどのスパイスも効いていない…。もっと考えていることを高いレベルで実現する必要があると感じました。いまの段階では僕の思いつくアイデアは、現在の力量でたやすく実現できてしまうものしかありません。これはあまりいい状態ではなく、発想にリミットをかけている状態だといえるでしょう。もっと自由な発想を手にする必要があります。そう、RigidbodyもVector3も何も知らないアノ頃のように。

ということでVRでこれを作ります!

f:id:zyoryzyory:20180425003721p:plain
とりあえず、絵を描いてみました。モバイルVRでベルトコンベアに乗って、何かします。屋台と書いてあるのは、お祭りっぽいところを想像しています。悲しげな音楽と一緒に悲壮感漂う走馬灯みたいな映像体験を作ってみたいと思います。